医者の見分しない場合に自宅で勃起不全を治しますか。

勃起不全は最も一般的な男性の病気と考えられています。インポテンスは45から65以上の男性で発生することが多いです。
医者に「自宅で勃起不全を治しますか」、「患者は専門医の見分下で入院する必要がありますか」という質問をよく聞きます。尿学者によれば、家庭で勃起を安定化することはかなり可能であります。有効な治す方法が多いです。
インポテンスの自宅での治療について話しましょう。

インポテンスのためにデバイスと使用のルール

任意の人を買うことができる伝統的な機械的装置を使用すれば、一人で勃起不全を排除することができます。
勃起を治すために装置はユニバーサルではなく、数禁忌があります。使用する前に、医者と相談する必要です。
次の装置は勃起を回復します:
1.前立腺の刺激物です。刺激物のマッサージはヒップで血の巡りを適正化して、沈滞を省って、ポテンスを正常化します。
2.勃起のリングです。
3.真空のポンプです。これは勃起不全の100%粛清を保証します。陰茎は閉館に入れて、ポンプで閉館から空気を吸い上げます。陰茎の管を広まります。

助言

器質的インポテンスまたは心因性インポテンスがあったら、自宅の治療は、ダイエットと一緒に考えてください。泌尿生殖器系と内分泌器の作用は、主に栄養に依存します。セクシュアル障害とき、半仕上げの製品、スモーク製品、脂肪過多の食品、炭酸飲料、ベーキング、菓子類、脂肪過多の乳製品、脂肪過多の肉はダイエットものから取り除かれなければなりません。
メニューは以下の通りであることができます:
•鶏卵
• シーフード
• すっぱい乳製品
• 魚
• 野菜、果物
• スパイス-カルダモン、ショウガ、ターメリック、マヨラナ、タラゴン。
• ナッツ
• ふすまによるパン
• パスタ
• オリーブ、亜麻仁、カボチャ油
それがすべてではありません。良い結果は、ライフスタイル訂正なしで不可能です。性機能障害で苦しむ誰でも、タバコ、アルコールと麻薬を断念しなければなりません。これに加えて、男性には力への悪影響があって、男性はストレスの多い状況を避けなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です